人生を楽しくするパーソナルスタイリスト

2017年のテーマは「今を生きる」

 

2017.7.25~31日に屋久島で縦走ツアーに参加しました。

九州最高峰の宮之浦岳、永田岳、黒見岳など歩いていきました。

里から始まり、山小屋やテントに泊まる6泊7日の旅。

水道はありません。川の水を汲んで飲みます。

電気もない森、夜は真っ暗。目が慣れてもひたすら闇です。

少しの物音も遠くまで響きそうな静けさ。

大きな杉、包み込まれそうな苔のみどり。

そっと木々を覆っています。

自然は偉大です。

しかし、自然は人にとって都合のいいものでもありません。

 

DSCF3582

2017.7.27 屋久島にて撮影(カメラ:FUJI X-E1)

 

 

山に行けば人は外からやってきた新参者である。

失礼しますと声をかけ、よろしくお願いしますと挨拶をしてその空間に入れてもらう。

ありがとうと素直に言えないと、何かにつまずくことになりそうだ。

木々や虫たちは偉大なる先輩である。

吹けば飛ぶような存在だなぁ…人生はこの木の小さな枝ほどか。

木肌に触れて生命の深さを感じた。

都会で暮らすこと、豊かな自然の中で暮らすこと。

正解は無く、否定することも何もない。

自分のフィールドは自分で選ぶ。

その責任をしっかり引き受けていれば大丈夫だろう。

そこに心の解放も引寄せも必要はない。

「調和と社会性」を受け入れることができているか否か、それだけだ。

自然に溶け込むように生きることが「今」を生きることなのだ。

 

DSCF3894

2017.7.29 屋久島・黒見岳山頂にて撮影(カメラ:FUJI X-E1)

 

 

自分の命を引き受けること。

山から戻り、頭の中に浮かんできた言葉です。

心と体をつなぐものは何なのだろうか?

生きていることを楽しむってどういうことなのか?

どんなことを仕事にするか、今より収入を増やす、自分らしく・・・違う、今はそこではない。

そんなところに引っかかっている場合ではないと感じた。

自分本位ではなく、家族・友達・仕事仲間・地域の人たち・・関わる人や環境、私たちが住んでいる地球とうまく付き合っていくにはどうすればよいか?

そこにもっと目を向けていきたい。

人や住まい、地域と「つながる」「調和する」「協調性を持つ」ことから生まれてくるもの。

いつの間にか仕事やライフワークになっていたりすることは、ひとり生み出すことはできない。

誰かがいて、初めて生まれるものではないだろうか。

 

DSCF3708

2017.7.29 屋久島・黒見岳山頂にて撮影・縦走仲間と共に(カメラ:FUJI X-E1)

 

 

「自分を信じること」と「相手を信じること」は同じ。

山を登っている時に強く感じたことでした。

辛いときに素直に助けてといえますか?

いや、大丈夫。頑張れます。そう言っていませんか?

本音を出すことで新しい世界がみえてくるかもしれません。

ひとりの登山だったら気が付かなかったこと。

みんながいたから登れたんだ!!

あの時、お願い荷物持って欲しいと素直にお願いできたからなんだ。

先頭を突っ走ることが多かったけけれど、縦走ツアーでは思うように動けずついていくので精一杯だった。

迷惑をかけているんじゃないか・・・あれこれ頭の中で考えたけど、素直にお願いします!と言ったら心も体も一気に軽くなった。

お願いしても大丈夫、そう思えたのは相手への信頼感があるからだった。

お願いできる自分を受け入れることができた。お願いすれば大丈夫だと自分を信じることができた。

人と接することで、自分自身が見えてくる。

そして、素直に「ありがとう」と言える人でいたい。

パーソナルスタイリストのお仕事は、ただお買い物をしたり服を選ぶだけではなく自分と向き合うきっかけになったらいいなという想いがあります。

自分は何を選びたいのか、そして自分で選んだものをしっかり受け止めてどう付き合っていくのか。

服やバッグ・靴など普段身に付けるものは、あなたの分身です。

気に入って自分で選んだものを身に付けていると気持ちが上がります。

「もっと楽しく生きる」を感じていただけたら嬉しいです。

2016年のテーマは「いつも美しくあること」です。

人の美しさは一体どこからくるのでしょうか?

パーソナルスタイリスト・ファッションコンサルティングのサービスは文字通りファッションを扱っています。

しかし、ファッションは見た目だけのものではありません。

その人の生き方、心、所作、想い・・・・すべてはその人自身の内側から発せられます。

だからこそパーソナルスタイリスト・ファッションコンサルティングのサービスはただ買い物をしたり、

色合わせや着回しを伝えるだけのサービスにはしたくないと考えています。

 

自分が身に付ける服はその人の写し鏡でもあります。

 

高級な服を着れば美しいというわけでもありません。着こなしてこその美しさです。

服と向き合う時に何を判断基準に購入するのか、少し考えてみてください。

安いから?有名ブランドだから?その服が好きだから?着心地がいいから?かっこよく見えるから?着たい場面があるから?

自分はどう見られたいのか?本当は何を着たいのか?本当はどうなりたいのか?

・・・いかがでしょうか。たくさん浮かんでくると思います。

私はパーソナルスタイリスト・ファッションコンサルティングのサービスが、

こうなりたい!という本当の気持ちを味わい向き合うきっかけのひとつになったらいいなと思っています。

自分の気持ちと向き合うことで服を買う、毎日服を着るという行為が大きく変わります。

 

あなたはどう生きたいのですか?と質問されたら何と答えますか。

あなたの人生とはどんなものでしょうか?

そして、今身に付けている服は自分が思い描く姿と一致していますか?

服装の乱れは心の乱れ。

どこかで聞いたことのある言葉ですね。

どんな服でもきちんとお手入れをしてちゃんと着れば美しいのです。高い安いがすべてではありません。

そして、服は愛情を持って大切に扱えば着る人をもっと輝かせてくれます。

美しい身なりは心も美しくする。

好きだから大切にしたい、そう思える一着を一緒に見つけるお手伝いをいたします。

服、買い物という行為を通してあなたの心と体のバランス、自分軸を確認するお手伝いができると思っています。

お買い物同行サービスの一番大切にしていることは心の部分です。

毎日を楽しく、輝きのある人生を。

小さな心遣いがあなたの日々の生活を美しくしていきます。

 

 

ビジネスマンに向けた服装のアドバイス、お買い物同行サービス、パーソナルスタイリストをおこなっております。

詳細など、ご不明な点はお問い合わせにて承っておりますので、お気軽に!

ファッション通信

2018.2.16(金)ピースサークル×コーヒーセレモニーin茅ケ崎アロマココロ

茅ケ崎のアロマココロさんでイベントを行います。 屋久島でお世話になったガイドの鈴木洋見さんをお招きして、 エチオピア直伝の珈琲焙煎ワークショップとピースサークルの2本立てです。 ごはんは茅ヶ崎にあるいただきます食堂さんの …

食べものとの向き合い方・美味しいものと出会うにはどうすばいいか

油断していたら餅にカビが生えていた   お米屋さんで購入した手作りの玄米餅。 当然ながら保存料など添加物は入っていません。 封を開けて数日後、残った餅にカビが生えていた。 あーあ…カビを削って3つ焼いてきな粉を …

記憶と音楽その1「初めて一人で行ったライブはフラカンのパワステだった」

NO MUSIC NO LIFEですよ あなたの人生とは? そう聞かれたら答えは決まっていた。 NO MUSIC NO LIFE 音楽をずっと聴いていたい。 この世のすべての音楽を知りたい。 音楽は人生をより華やかに、そ …

ウルトラマラソンを走るための妄想と準備

文章を寝かせると違った味わいが出てくる。 味噌のように、梅酒のように、人間のように。 ゆるやかに醸し出される味わい深さ、とでも言えばよいだろうか。 味わい深さを他の誰かと共有できなかったとしても問題はない。 自分だけが分 …

初ものをいただく「初鰹とウルトラマラソン」

買い物に出たときのこと。 近所の魚屋さんに美味しそうなお刺身があった。カツオである。 よく見るとこう書いてあった。 「はつカツオ」 おお、初ものか。 今晩は納豆とネギトロでも食べようかと思っていたが、なんだかカツオが食べ …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
  • twitter

Twitter でフォロー

PAGETOP
Copyright © シナモン商会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.