OSHO禅タロットというカードを使っています。

OSHOというのは、インドの宗教家バグワン・シュリ・ラジニーシのことを通称OSHOと読んでします。

OSHO禅タロットカードは、このOSHOの弟子が作ったかタロットカードです。
バグワン・シュリ・ラジニーシが弟子に残した講和を、弟子たちカードにデザインしています。

このOSHO禅タロットカードは、日本人には親しみのある、禅の教えをベースに作られています。

なので、西洋のタロットカードとはニュアンス少し違うカードもありますが、日本人にとっては取っ付きやすいというメリットがあります。

来年、2016年に向けて自分のことを考えながらひいてみました。

image

出し惜しみしない、できることはやる、共有する。
もしくは開示する。

そんなイメージです。

おもしろいですね。

カードはこれが出たからそうだ!と決まってしまうものではないと思っています。

あくまでもツール。手段だと思っています。

出たカードを見てどう感じたか、どんなふうに思ったか。

これが大切です。

このカードが半年、1年後どのように見えるのか?

記録としてここに残しておきます。

ちなみにもうひとつあります。

OSHO禅タロットカード