遅いお昼ごはんです。

昨日作った里芋の煮物に豚しゃぶサラダ、出し巻き卵、ごはんとお味噌汁です。

久しぶりに出し巻き卵を作りました。

時間が空いてしまうと忘れちゃうんですね。慌ててしまい少し焼き過ぎてしまいました。

でも食べるとじわっとお出汁が出て美味しいのです。

image

お料理をもっと美味しく作れるようになりたい。
そう思っていた時に知ったのが大阪の冨士田かおり先生(通称かおりん先生)の出し巻き卵巡業でした。

大阪から東京にやってきてくれる。早速申し込み作り方を教えてもらいました。

作り方はとても簡単。メモを見なくても作れるようになりました。

簡単で美味しい。
いつでも自分で作ることができる。

こんなに嬉しいことはありません。

両親は関東出身です。
私にとって、出し巻き卵は家庭の味ではなく外で食べる特別なお料理です。

お出汁の味をこれほど意識してお料理をすることが今までほとんどなかった。

お金を払ってお料理を習うことも初めてでした。

まさに家の料理革命です。

もっと作れるようになりたいと思いました。

そして、九州の旅行帰りに大阪に行くことに決めました。

そこで教えていだいたのが里芋の煮っころがしです。

image

教えてもらいに行ったのは10日間の旅の最終日でした。

寝不足なのか、疲れもあったのか。
なんだか頭が働きません。

前日が丁度かおりん先生のホムパの日でした。
初めてお会いする方々と美味しいお料理とたのしいお話を聞くことができました。

そこで全力を使ってしまったのでしょう。

その時に煮物に入れる大さじ2杯の砂糖を間違えて塩を入れてしまいました。
大失態です。

信じられない!!!!

今までの人生で塩と砂糖を間違えたことは…たぶん無いです。

それなのに、肝心な時に間違えました。

いやーびっくり。

美味しくないとかのレベルは超えるんですね笑

塩の味ってこんなに染み込むのか!とか驚きを超えるんですよ。

この里芋たちは家に持ち帰り、お砂糖で炊き直ししました。

ごはんのよく進む、お弁当に最適な濃い味のおかずとして甦りました。
田舎で出された煮物を思い出しました。それほど関東と関西では味が違うんですね。

(もちろん全部食べましたよ)

そんな出来事があったので、昨日はちゃんとレシピ通りに作るのが目標でした。

ドキドキしながら口に入れると、
なんと美味しいことか。

柚子を買い忘れたのがちょっと残念。

しかし、私にもこんなに美味しい煮物が作れるという自信にはなりました。

image

心に沁みる美味しさ。大成功です。

かおりん先生ありがとうございます。

 

ビジネスマンに向けた服装のアドバイス、お買い物同行サービス、パーソナルスタイリストをおこなっております。

詳細など、ご不明な点はお問い合わせにて承っておりますので、お気軽に!